重点募集中の職種:宇宙太陽光発電技術の確立に向けた研究開発

  • 宇宙空間から次世代エネルギーを創りだす

    宇宙太陽光発電は、上空3万6000kmの静止衛星で太陽光から得られたエネルギーを昼夜問わず地上にレーザ光やマイクロ波で送り届け、電力などのエネルギーに変換して利用する技術です。持続可能な社会の実現をめざし、クリーンで環境負荷を与えないエネルギーの創出に取り組んでいます。

宇宙太陽光発電技術のポイントは?

圧倒的にクリーンかつ無尽蔵の次世代エネルギー

■高度3万6000kmの静止衛星で太陽光発電を行い、そのエネルギーを地上へレーザで伝送し、高効率に電力に変換する宇宙太陽光発電システムの実現

■宇宙からのエネルギー伝送に留まらず、ドローンや自動車など移動する機器への給電や、離島や災害時における避難所への給電など、マイクログリッドにおける配電システムとして、さまざまな展開を視野にいれて研究開発を推進

募集要項

Mission

業務内容

候補者のキャリア・専門性に応じて、次のいずれか(場合によっては複数)を担当していただきます。

  • レーザ伝送のチームリーダーとして、システム構築とチームマネジメント
  • 効率的かつ経済的なエネルギー伝送を可能とするシステム(レーザ伝送)の検討
  • 太陽光励起レーザの高効率化に向けた、集光系・レーザ媒質・構造の探索と最適化
  • 長距離伝送可能なビーム伝搬方式の探索とビーム整形の最適化
  • 単色光用太陽電池の光電変換効率の向上に向けた、材料・構造・システムの探索と最適化
  • 高強度レーザを活用した水素発生技術や応用アプリケーションの探索
Ability Knowledge

必要とする知識・スキル・能力・経験

  • レーザの空間伝送に関する専門的な知識やシステム開発または数値シミュレーションの経験
  • レーザ発振・光学系に関する専門的な技術やシステム開発の経験
  • 光電変換素子に関する研究開発の経験

〈あると望ましい知識・スキル・能力・経験〉

  • 宇宙工学や、飛翔体の開発ならびに運用に関する基礎的な技術や研究開発の経験
  • 英語でのコミュニケーションスキル
Person

求める人材像

  • 高い目標に対して必ず実現するという強い意志と、旺盛な知的好奇心をお持ちの方
  • 異なる専門分野やバックグラウンドを持つ社内外のメンバーと協調しながら、困難な課題に積極的に取り組める方
  • 柔軟性・協調性を持ち、円滑なコミュニケーションが図れる方

勤務地

武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市緑町3-9-11)

メッセージ

NTT宇宙環境エネルギー研究所は2020年7月に発足した研究所で、宇宙スケールにまで視座を高く掲げ、環境エネルギー分野における研究を推進します。
当グループは、核融合や宇宙発電といった限界打破のイノベーションの創出により、環境負荷ゼロの社会を目標としています。環境負荷ゼロの社会を自らの手で実現させたい皆さんの応募をお待ちしております。

田中 徹 グループリーダ

宇宙太陽光発電技術の確立によって環境負荷ゼロの社会実現をめざしています

これまでの太陽光発電は、夜には発電できず気象条件によって発電量が変動するためエネルギー源としては不安定なものでした。宇宙太陽光発電は、上空3万6000 kmの静止衛星で太陽光発電を行い、地上にエネルギーを送り届けるため、昼夜問わず安定した発電ができることから、これまでの概念を覆す新たな発電方法です。この発電を実現するためレーザを用いた新たな技術開発に取組みます。将来は、衛星間での給電や、太陽の陰になる月面での電力供給など宇宙への展開も進めていきたいと考えています。宇宙太陽光発電の実現によって新たな環境負荷ゼロの社会を一緒に創っていきましょう。

関連する記事

NTT研究所(R&D)採用情報

その他の募集要項やご不明点がありましたら採用ページをご覧ください。