重点募集中の職種:核融合炉の最適オペレーションに向けた、核融合プラズマのリアルタイム予測制御に関する研究開発

  • IOWN と AI/ML 技術の活用により、核融合炉の最適オペレーションを実現する

    人類初の核融合エネルギーの実現をめざしている国際プロジェクト「ITER 計画」及び「JT-60SA 計画」の成功に貢献します。
    核融合炉の高出力かつ長時間運転の実現のために、最適オペレーション技術の確立をめざしています。

核融合炉の最適オペレーション技術のポイントは?

■核融合プラズマに対して、 AI (Artificial Intelligence) や ML (Machine Learning) を活用して未来のプラズマ状態を高速で算出し、リアルタイムに制御を行うことによって、核融合プラズマの高出力かつ安定維持の実現をめざす。

■IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)の基盤技術を導入することで、核融合実験炉内のセンサで取得した大量のデータを高速・大容量・超低遅延のネットワークで通信し、リアルタイムでのプラズマ制御の実現をめざす。

■核融合炉プラントの重要機器に故障予測技術を活用することで、プラント全体のダウンタイム短縮の実現をめざす。

■将来的にはサイバー空間上で核融合炉を構築(デジタルツインコンピューティング)し、さまざまな状態をシミュレーションすることで、炉全体の最適化をめざす。

募集要項

Mission

業務内容

候補者のキャリア・専門性に応じて、次のいずれか(場合によっては複数)を担当していただきます。

  • ITER・JT-60SA の核融合炉最適オペレーション(プラズマ状態予測、制御)に向けた、AI や ML を活用したリアルタイムプラズマ予測制御技術に関する研究開発の推進およびプロジェクトマネージメント。
  • ITER・JT-60SA の核融合炉最適オペレーションに向けた、新しい計算技術やアルゴリズムを活用したプラズマ予測制御技術に関する研究開発の推進およびプロジェクトマネージメント。
  • ITER・JT-60SA の核融合炉最適オペレーションに向けた、超高速低遅延ネットワーク構築プロジェクトの推進およびプロジェクトマネージメント。
  • 将来の核融合炉の設計や制御方法の最適化に向けた、プラズマおよび核融合炉のモデル化とシミュレーションによる新たな磁場配位やプラズマ予測制御技術検討プロジェクトの推進およびプロジェクトマネージメント。
  • 前記プロジェクトの PoC の実施とプロジェクトの推進およびプロジェクトマネージメント(国内およびフランス(サン・ポール・レ・デュランス))
Ability Knowledge

必要とする知識・スキル・能力・経験

  • プラズマ物理やプラズマ実験の知識と経験
  • 核融合プラズマのシミュレーションや制御システムに関連する知識
  • AIや機械学習の研究開発経験(プログラミングスキル(Python、Fortran、C言語)、データベースに関する知識、大量データの処理知識、データ分析手段に対する深い理解)

〈あると望ましい知識・スキル・能力・経験〉

  • 英語でのコミュニケーションスキル
  • プラズマ物理モデル化経験
  • データ駆動に関する研究経験
  • 量子コンピューティングやアルゴリズムに関する研究開発経験
  • プラント制御システムの開発経験
  • 情報通信ネットワークの研究開発の経験
  • 大規模ネットワークの設計・構築に関する経験
Person

求める人材像

  • 高い目標に対して必ず実現するという強い意志と、旺盛な知的好奇心をお持ちの方
  • 異なる専門分野やバックグラウンドを持つ社内外のメンバーと協調しながら、困難な課題に積極的に取り組める方
  • 柔軟性・協調性を持ち、円滑なコミュニケーション(英語)が図れる方

勤務地

武蔵野研究開発センタ(東京都武蔵野市緑町3-9-11)

メッセージ

NTT宇宙環境エネルギー研究所は2020年7月に発足した研究所で、宇宙スケールにまで視座を高く掲げ、環境エネルギー分野における研究を推進します。
当グループは、核融合発電や宇宙太陽光発電といった限界打破のイノベーションの創出により、環境負荷ゼロの社会を目標としています。環境負荷ゼロの社会を自らの手で実現させたい皆さんの応募をお待ちしております。

田中 徹 グループリーダ

核融合炉の最適オペレーション技術によって、核融合エネルギーの実現に貢献します

私達人類を含めた地球上の生命の源であるエネルギーは太陽からきており、そのエネルギーは核融合反応によって生み出されています。この究極のエネルギーを地球上で実現しようと世界中で核融合発電の研究開発が進んでいます。私達はこれまで培ってきた通信技術と新たに創出する IOWN の技術を活用して、核融合プラズマの安定制御を、ITER(国際熱核融合実験炉)機構や QST(量子科学技術研究開発機構)と連携して研究開発を進めていきます。圧倒的にクリーンで無尽蔵なエネルギー源である核融合発電を実現し新たな環境負荷ゼロの社会を一緒に創っていきましょう。

NTT研究所(R&D)採用情報

その他の募集要項やご不明点がありましたら採用ページをご覧ください。