核融合炉最適オペレーション

核融合炉最適オペレーション

IOWN技術の活用により、核融合炉のオペレーションを最適化

研究紹介

核融合炉最適オペレーション技術は、IOWN技術(Innovative Optical and Wireless Network)を活用した、核融合炉のオペレーションを最適化する技術です。

持続可能な社会の実現に向けて、実用化が見えてきた、圧倒的にクリーンかつ無尽蔵なエネルギー源である核融合発電への貢献を目指しています。

核融合時に検出する大容量のセンサーデータを低遅延で伝送しモニタリング制御を行い、同時にアーカイブするためのエンドエンドでの超高速/低遅延NWの実現に挑戦します。またデジタルツインの活用により、サイバー空間上での核融合炉の様々なシミュレーション実現を目指します。

現在、フランスのサン・ポール・レ・デュランスで組み立てが行われている核融合実験炉ITER(2035年に核融合運転開始予定)への導入を目指しています。さらには、今世紀半ば以降の実用化に向けて貢献していきます。

あくなきチャレンジ

NTT宇宙環境エネルギー研究所では、社会課題の解決に向け、エネルギー、環境分野をはじめとして、情報科学、人文系、社会科学系を含め多様な人材を募集しています。