プロジェクト

プロジェクト一覧

暗号理論研究室

新世代暗号等、暗号に関する先端研究

新しい暗号理論を基盤に新規事業の柱を創出
新しい暗号理論を基盤に新規事業の柱を創出

当特別研究室では、安全で安心できるコミュニケーションを実現するために、NW/サービスを安心して利用できるセキュリティ基盤技術の継続的な研究を推進しています。具体的には、新暗号方式の開発およびその安全性理論の研究、暗号プロトコル安全性の研究、量子情報通信技術の研究を行っています。

主な研究内容

データセキュリティプロジェクト

暗号を核としたデータ保護・応用技術に関する研究開発

当プロジェクトは、暗号基礎技術に関する研究開発と、新たな脅威に対するデータ保護のための革新的なセキュリティ技術・プライバシ保護技術やその実装・構成法に関する研究開発に取り組んでいます。

主な研究内容

セキュアデータ流通基盤プロジェクト

安心安全なデータ流通・利活用を実現するセキュリティ技術の研究開発

当プロジェクトでは、データの生成から流通・蓄積・加工・分析・破棄に至るすべての価値創造プロセスを適切に保護することで、柔軟で安心安全なデータ流通・利活用を実現するセキュリティ技術の研究開発に取り組んでいます。社会受容性や法適合性の観点からのアプローチも取り入れることで、技術的に高度であるだけでなく、真に利用され役立つ技術の確立を目指しています。
データの提供や活用にまつわるリスクやハードルを下げることで、組織や業界を超えたデータや知の融合・共同利用を促し、Smart World/Society 5.0における新たな価値の創出と社会課題の解決に貢献します。

セキュアデータ流通基盤プロジェクトのビジョン
セキュアデータ流通基盤プロジェクトのビジョン

主な研究内容

サイバーセキュリティ プロジェクト

最先端のサイバー攻撃検知・防御に関する研究開発

当プロジェクトでは、攻撃者優位の状況を抜本的に覆す最先端のサイバーセキュリティ対策技術に関する研究開発に取り組んでいます。

ネットワークからエンドポイントまでの総合的な攻撃検知・分析技術により創出された様々なセキュリティインテリジェンスは、NTTグループ各社で活用されています。

さらに、開発プロセスの初期段階からセキュリティを組み込むシフトレフトの実現に向けた研究開発にも取り組んでいます。

私達は、NTTグループが提供する各種サービスをお客様が安心・安全にご利用いただけるICT環境の実現を目指しています。

サイバーセキュリティ技術の概観
サイバーセキュリティ技術の概観

主な研究内容

セキュリティオペレーションプロジェクト

安心・安全なSmartWorldを実現するセキュリティオペレーションの高度化・迅速化に関する研究開発

当プロジェクトでは、安心・安全なSmartWorld及びSociety5.0の実現を目指して、セキュリティオペレーションの高度化・迅速化により、増大するセキュリティ対応コストの抜本的な低減に貢献することをミッションとしています。
SmartWorld及びSociety5.0を支えるサイバー・フィジカルシステム(CPS)等においては、ネットワークに接続された多数かつ多様なOT/IoT機器がセキュリティ脅威の対象となり、またひとたびセキュリティ異常が発生すると機器の破損や人命への影響など、被害が甚大となることが懸念されています。
このような脅威に対応するため、当プロジェクトではシステム及びそれらを構成する機器におけるセキュリティ異常を早期に検知するとともに、その原因の究明や対処を確実かつ迅速に行うためのオペレーション技術、及びセキュリティインテリジェンスに関する研究開発に取り組んでいます。

主な研究内容