研究所について

研究所紹介

NTTセキュアプラットフォーム研究所では、ICTサービスをお客様に安心・安全・便利にご利用頂くためのセキュリティに関わる研究開発活動を行っています。具体的には、世界最先端の暗号技術やサイバー攻撃対策技術をコアコンピタンスとして、セキュリティの土台を支える基礎理論からセキュリティプロダクトの開発、セキュリティ設計やセキュリティインテリジェンスの提供、セキュリティ運用支援やインシデントハンドリングまで幅広く取り組んでいます。
昨今のサイバーを取り巻く環境変化に対応したこれらの取り組みを通じて、激化・巧妙化するサイバー攻撃の脅威や新たな分野で生じるセキュリティ脅威に対抗する「守りのセキュリティ技術」と、多種多様な情報を活用した新たなビジネスチャンスを活かす「攻めのセキュリティ技術」の両面でNTTグループが提供するICTサービスの安心・安全に貢献しています。

所長挨拶

所長 平田 真一

NTTセキュアプラットフォーム研究所
所長 平田 真一

NTTセキュアプラットフォーム研究所では、NTTグループが取り組む「スマートな世界」の実現に向けて、すべての人が安全に自分らしく暮らせ、社会が円滑に活動できるために必要不可欠なセキュリティ技術の研究開発を行なっています。

私たちは、「スマートな世界」の安心/安全に貢献するため、2つの観点に着目しています。1つめは、社会活動に欠かせないさまざまなネットワークやシステム、また、それらを利用する人々を、日々巧妙化、膨大化していくサイバー攻撃から防御する「スマートな世界を守るセキュリティ」。2つめは、デジタルデータの安全な流通、利活用を実現する「スマートな世界を創るセキュリティ」。この2つのキーワードをセキュリティR&Dの両輪と位置づけて活動しています。

また、セキュリティR&DにおけるCenter of Excellenceとして、学会や専門家コミュニティを牽引していくほか、セキュリティ研究で蓄えた知見をNTTグループ各社で活用していくために、プライバシ保護や法制度の面からのコンサルティング活動などによる支援にも取り組んでいます。

私たちNTTセキュアプラットフォーム研究所は、セキュリティR&Dの成果を持続的に創出し、NTTグループのみならず、市民、企業、国家のあらゆるレベルでの技術貢献に尽力してゆきます。

所在地

NTTセキュアプラットフォーム研究所の住所、地図、アクセス情報を掲載しています。

NTT-CERTアニュアルレポート

2020年度のサイバーセキュリティ動向およびNTTセキュアプラットフォーム研究所の関連する活動状況についてまとめたものです。

研究所関連コンテンツ