生物学的CO2変換技術

生物学的CO2変換技術

植物のゲノム編集や生体シミュレーションによって,より効果的な炭素固定を実現

研究紹介

生物学的CO2変換技術は、植物のゲノム編集や生体シミュレーションによって,より効果的な炭素固定を実現する技術です。

植物の持つ機能を活性化させることにより,温室効果ガスのネガティブエミッションを実現し地球環境の改善をめざしています。

植物の光合成の効率化や長寿命化に関わるゲノムの解析、ゲノムの編集や実験、シミュレーションによる植物の機能の改善に関する研究を行います。

これにより、今後の人口増加による食糧危機の緩和や植物工場などの農業分野への適用による食糧増産、気候変動によって拡大が危惧される乾燥地や砂漠の緑地化など地球環境の再生に取り組んでいきます。

あくなきチャレンジ

NTT宇宙環境エネルギー研究所では、社会課題の解決に向け、エネルギー、環境分野をはじめとして、情報科学、人文系、社会科学系を含め多様な人材を募集しています。