誘雷・雷充電技術

誘雷・雷充電技術

雷をコントロールし、エネルギーを蓄える技術

研究紹介

誘雷・雷充電技術は、耐雷撃性能を具備したドローン等のUAV(Unmanned Aerial Vehicle : 無人飛行機)を高高度で雷雲の近くに飛行し、雷撃を受けることで、落雷による設備や人への被害を防ぐ技術です。さらに、電流を導線経由で地上に送り、そのエネルギーを高耐圧コンデンサや他の充電デバイスにより抽出・保存します。

世界中で絶えず発生している雷撃による被害を無くし、最終的には雷雲エネルギーを吸収し、対地雷自体をなくすことを目指していきます。

最初のステップとして、雷撃をキャプチャする精度を高める誘雷技術から取り組みます。その中でもUAVが雷撃や高電界状態においても制御可能となるための耐雷、耐高電界性能を高めることを検討します。並行して雷撃エネルギーの充電技術を確立するため、コンデンサなど充電デバイスの高耐圧化を目指します。

NTTを含めインフラを提供している企業(通信、電力など)や官公庁・自治体が自社・自組織の設備を雷から守るために活用していきます。

あくなきチャレンジ

NTT宇宙環境エネルギー研究所では、社会課題の解決に向け、エネルギー、環境分野をはじめとして、情報科学、人文系、社会科学系を含め多様な人材を募集しています。