NTTアクセスサービスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第116号(2020_08)  >  4  >  1. 無線動的制御技術
ANSL R&D Times

1. 無線動的制御技術

無線動的制御技術は、(a)AP無線制御、(b)端末接続制御の2つの要素技術により、ユーザの利用環境に応じて無線LANを最適制御します。図2に、オフィスにAPを10台設置して、本技術の効果を下りスループットで評価した結果例を示します。図2に示すように、無線動的制御技術の(a)AP制御による各APの無線パラメータ(割当チャネル、帯域幅、送信電力)の最適化、および(b)端末接続制御による各端末の接続先周波数の制御により、従来技術(市販機器による自動設定)に比べてシステムスループットを大きく改善し、快適な無線LANネットワークを提供できることを確認しました。

 

図2 動的無線制御技術の評価例

 

図2 動的無線制御技術の評価結果例

前
快適な無線LANネットワークを効率的に提供します
カテゴリートップ
TOP
次
2. 無線保守監視技術