NTTアクセスサービスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第116号(2020_08)  >  4  >  2. 無線保守監視技術
ANSL R&D Times

2. 無線保守監視技術

無線保守監視技術は、(c)無線環境診断、(d)支援・レコメンドの2つの要素技術により、無線LANネットワークの効率的な運用を支援します。図3に、商用無線LANネットワークにおける典型的な障害ケースに対して、一次要因判断に要する時間を評価した結果例を示します。図3に示すように、無線保守監視技術により定期的に各APから無線環境情報を収集、分析して障害発生の検知・障害発生原因の推定を行うことで、保守者が業務フローマニュアルに基づいて手動でログ確認を行う従来運用時に比べ、一次要因判断までの時間を大幅に短縮し無線LANネットワークを効率的に運用できることを確認しました。

 

 

図3 無線保守監視技術の評価結果例

 

図3 無線保守監視技術の評価結果例

図3 無線保守監視技術の評価結果例

前
1. 無線動的制御技術
カテゴリートップ
TOP