総合研究所について

総合研究所紹介

NTT情報ネットワーク総合研究所は、あらゆるモノに「寄り添い」「しなやか」な情報ネットワークの実現に貢献します。 そのために“品質・信頼性の向上”、“柔軟性・サービス性の向上”、および“持続可能性の向上”の観点から、将来の社会基盤を支えるオペレーティングカンパニーとしての運用を考慮したテーマの研究開発を進めています。

品質・信頼性や柔軟性・サービス性の向上の観点では、IOWNの構成要素の一つであるA P N(All-Photonics Network)において、交換、多重、スイッチングといった電気処理を極小化したPhotonic EX(Exchange)とPhotonic GW(Gateway)の研究開発を推進し、光フルメッシュネットワークによってエンド・ツー・エンドで光パスを提供するための技術を創出します。また、C F(Cognitive Foundation)の領域においては、自己進化型ゼロタッチオペレーションや無線アクセスの最適化技術の研究開発に取り組み、ユーザーニーズに応え、迅速なサービス提供を実現します。その他にも、固定網と移動網の融合やアプリケーションサービスと連携した将来のネットワークアーキテクチャの確立に取り組んでいます。
また、持続可能性の向上の観点では、社会が地球環境に与える影響を±ゼロにする技術や、地球環境の変化による影響を社会が受容できるようにする技術を研究開発し、お客さま・企業・社会の環境負荷低減に貢献します。

NTT情報ネットワーク総合研究所の研究成果はNTT事業会社のみならず全世界における情報通信サービスのさまざまなシーンで活用され、社会基盤を支えています。

所長挨拶

所長 立元 慎也

NTT情報ネットワーク総合研究所
所長 立元 慎也

これまでの通信の役割は人と人をつなぐ事、および情報と人をつなぐ事でした。しかし、これからのネットワークには、あらゆるモノ・コトも含めて最適かつナチュラルに結びつけることで既存の産業構造の枠を越えた新たな価値を生み出し、社会全体の持続的な発展に貢献することが求められます。

NTT情報ネットワーク総合研究所ではこのような期待に応えるべく、未来のコミュニケーション基盤であるIOWN(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)構想の実現に向け、トランスポートネットワークのオールフォトニクス化を進めてポテンシャルを最大化するとともに、迅速なサービス提供とバリューチェーン最適化を図る「Cognitive Foundation」による柔軟なネットワークの研究開発、及び環境負荷ゼロに資する革新的な環境エネルギー技術の研究開発を推進しています。

本総合研究所は、以下の3つの研究所で構成され、従来技術の限界および消費電力の壁を超えて、今後の社会を支えていく革新的な情報通信技術の研究開発を、国内外の研究者やビジネスパートナーとも連携しながら推進しています。

  • 将来のネットワークサービスを実現するネットワークアーキテクチャやネットワークシステムを支える基盤技術、通信トラヒック・品質・オペレーション等を研究開発するNTTネットワークサービスシステム研究所
  • スマートな社会を実現するアクセスシステム技術、ワイヤレスアクセス技術、オプティカルファイバアクセス技術、インフラストラクチャ技術やオペレーション技術を研究開発するNTTアクセスサービスシステム研究所
  • 圧倒的にクリーンな次世代エネルギーや環境負荷低減技術、地球環境と社会の未来を予測し環境に適応する技術等を研究開発するNTT宇宙環境エネルギー研究所

私たちは、来るべき新しい社会を自らの手で切り拓く責任を自覚し、社会実装される技術を創出する誇りと喜び、研究者としての大きな夢を持ちながら、日々の業務に取り組んでまいります。

プロフィール

立元 慎也(たちもと しんや)

1990年 NTT交換システム研究所 入社
2000年 NTT持株会社第二部門 担当課長
2003年 NTTネットワークサービスシステム研究所 主幹研究員
2009年 NTTドコモネットワーク開発部 担当部長
2014年 NTTネットワークサービスシステム研究所 プロジェクトマネージャ
2018年 NTTネットワークサービスシステム研究所 所長
2020年 NTT情報ネットワーク総合研究所 所長

所在地

NTT情報ネットワーク総合研究所の住所、地図、アクセス情報を掲載しています。

パンフレットダウンロード

NTTグループの研究開発体制、NTT技術史料館パンフレットを掲載しています。