NTTアクセスサービスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第105号(2018_12)  >  1  >  3. システム化と効果
ANSL R&D Times

3. システム化と効果

システム化

 

システム上にてMMSで取得したデータを選択実行するだけで自動的に、 電柱の検出、 たわみ値の算出、電柱名のひも付けを行い、診断結果を地図上にマッピングします。地図上の電柱を選択すると、診断結果や現場写真の確認ができます。

 

図3

 

図4 構造劣化判定システムの処理の流れ

 

 

効果

 

本システムの実用化により、電柱のたわみ計測において、従来手法の固定式測量機と比較して、画期的に効率化が図れます。更改対象電柱の絞込みや、点検コストの削減により、所外設備の大幅な投資・費用抑制が見込まれます。また定量的な診断およびスキルフリーでの計測により、有スキル保守者の減耗対策においても貢献します。

 

図4

 

図5 構造劣化判定システム実用化による効果

前
2. 技術のポイント2
カテゴリートップ
TOP