4Dデジタル基盤

多様なセンシングデータをリアルタイムに統合し、様々な未来予測を可能とする
「4Dデジタル基盤™」を紹介します。

4Dデジタル基盤の全体概要。背景・目的・技術とめざす提供価値

4Dデジタル基盤とは?

4Dデジタル基盤は、ヒト・モノ・コトの様々なセンシングデータをリアルタイムに収集し、「緯度・経度・高度・時刻」の4次元の情報を高い精度で一致・統合させ、多様な産業基盤とのデータ融合や未来予測を可能とする基盤です。

4Dデジタル基盤は、NTTのIOWN構想における「デジタルツインコンピューティング(DTC)」を支える基盤として、NTT研究所の技術とNTTグループのノウハウ・アセットを活用し、2021年度からの機能の順次実用化と、継続した研究開発による機能拡充をめざします。

背景と4Dデジタル基盤の必要性

Society5.0等で提唱されるサイバー・フィジカル・システム時代では、多様なソースからデータを収集し、それらをデジタル空間上で統合・蓄積・分析し、未来予測をすることで、様々な社会問題の解決や、新たな価値創造が出来ると考えられています。

しかしながら、既に統計化されているデータを掛け合わせるデータ流通基盤や、リアルタイムであっても位置・時刻情報にズレがあるデータ同士の掛け合わせでは、未来予測の精度が高まらないケースもあります。

このような背景において、精緻な4次元情報を持つリアルタイムデータによる未来予測の提供をする基盤をめざし、4Dデジタル基盤の研究開発に着手します。

4Dデジタル基盤の概念図

4Dデジタル基盤は、図1に示すように、高精度で豊富な意味情報を持つ「高度地理空間情報データベース」上に、多様なセンシングデータをリアルタイムに統合し、高速に分析処理を行います。

① 4Dデジタル基盤の位置基点となる高度地理空間情報データベースの整備

  • 地図事業のデータ/ノウハウを活かした、既存の地図データの位置の更なる高精度化
  • インフラ管理事業でMMS(Mobile Mapping System)等の活用による道路を中心とした高精度3D空間情報の整備

② 位置・時刻が高精度なセンシングデータのリアルタイム収集

  • 都市部での測位・時刻同期精度を高めるスマート・サテライト・セレクション®等の技術と、5G等の高速/低遅延通信による、精度の良いセンシングデータのリアルタイム収集
  • マッピング技術を用いた高度地理空間情報データベースへのセンシングデータの精緻な統合

③ 膨大なデータの高速処理と多様なシミュレーションによる未来予測

  • 高速時空間データ管理技術による動的オブジェクトから大量に送信される情報の高速検索、及び分析
  • AI技術による最適化シミュレーション・未来予測と行動変容
図1 4Dデジタル基盤の概念図
図1 4Dデジタル基盤の概念図

4Dデジタル基盤が提供する価値

4Dデジタル基盤は、地理空間及び多様な移動体の正確な位置の把握と、それに基づく様々な未来予測の実現をめざします。それにより、図2に示すような価値の実現をめざします。

図2 4Dデジタル基盤の提供価値
図2 4Dデジタル基盤の提供価値

4Dデジタル基盤を支えるパートナー

今後、4Dデジタル基盤の実用化にむけ、様々な取組をNTTグループ、各産業分野のパートナーと推進します。

本基盤のベースとなる「高度地理空間情報データベース」の構築は、高精度な地図整備ノウハウ活用してゼンリン社と共同で開始します。

また、インフラの維持・管理基盤の整備をNTTインフラネットと、オフィスビル・街区マネジメントの実証実験をNTTアーバンソリューションズと、社会基盤としてのソリューション展開に向けた実証実験をNTTデータと、共同で実施します。

さらに将来の展開として、国立大学法人東京大学(以下、東大)工学系研究科 香取秀俊教授が考案した光格子時計と、NTTグループが東大・理研と共同開発した超高精度光周波数ファイバ伝送網を活用し、NTT局舎・ファイバ網を利用した国土の精緻なセンシングについての研究開発を推進します。

参照

関連するコンテンツ