精緻な未来予想を可能とする4Dデジタル基盤

近年、ICTのめざましい発展により、膨大なIoTデータの収集や分析が可能となりつつあります。これに伴い、政府やさまざまな企業が、Society5.0等で提唱されるようなサイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムの実現をめざして研究開発に取り組んでいます。

しかし、サイバー・フィジカルの融合において、既に統計化されているデータや、位置・時刻の情報にズレがあるデータ同士を掛け合わせても、実世界の現象把握・そこからの未来予測の精度が高まらないケースもあります。このような課題の解決に向け、緯度・経度・高度・時刻の4次元の情報を可能な限り精緻に、リアルタイムに把握し、そこから社会実装に資する未来予測を実現できる基盤をめざし、4Dデジタル基盤の研究開発に着手します。

実世界の途切れることのない一瞬一瞬を、正確にサイバー空間上に表現し、データの融合・未来予測をすることで、社会課題の解決や新たな価値創造をめざします。

4Dデジタル基盤がつくりだす未来

4Dデジタル基盤は、高精度で豊富な意味情報を持つ「高度地理空間情報データベース」上に、高精度な位置・時刻を持つセンシングデータをリアルタイムに統合し、高速に分析処理・未来予測を行います。

本基盤と多様なIoTデータを組み合わせることで、道路交通の整流化、都市アセットの最適活用、社会インフラ維持管理等、様々な領域で活用可能性があると考えています。

暮らしを支える産業横断の基盤として、またNTTグループのIOWN構想における「デジタルツインコンピューティング(DTC)」を支える基盤として、NTT研究所の技術とNTTグループのノウハウ・アセットを活用し、2021年度からの機能の順次実用化と、機能拡充をめざしています。

4Dデジタル基盤
さらに詳しく

連載企画

関連するリサーチ&アクティビティ

関連する動画

関連するニュース

その他の特集NTT R&Dの「今」を様々な角度から特集にまとめてお届けします。