更新日:2020/8/21

    高精度ネットワークモニタリング&制御技術:HANMOCNTTネットワークイノベーションセンタ

    概要

    本技術は、HANMOC(High-Accuracy Network MOnitoring and Control)と題し、次世代の転送技術として活用が進むSegment Routing(SR)機能を応用し、従来技術では実現できないような高精度で通信遅延や遅延揺らぎを示すジッタ等を測定することで、5G時代以降に必要となる保守運用の高度化や品質保証、通信サービスの経路決定などへの活用を目指しています。

    背景・従来課題

    eスポーツ、クラウドゲーミングやコネクテッドカーといったこれからの新しい通信サービスにおいては、これまでのデータ通信量やパケットロスなどの品質監視に加えて、通信の遅延や遅延揺らぎを示すジッタといった指標も重要になってきます。
    既存の遅延を監視する手法としては、広く認知されているping*1による測定やネットワーク装置でRFC*25347で規定されているTWAMP(Two-way Active Measurement Protocol)と呼ばれる機能を動かすものがありますが、これらの監視手法はいずれもソフトウェア処理による動作が多いため、ソフトウェア処理負荷の影響に左右され、高い精度の監視は困難でした。
    本技術は、測定に用いる監視用パケットを全てハードウェア処理で実現することで、μ秒オーダの単位まで高精度に監視を行うことで、監視結果をネットワーク運用や通信サービスの経路決定等に活用することを目指しています。

    1. *1ping: IPネットワークにおいて、ノードの到達性を確認するためのソフトウェア
    2. *2RFC(Request for Comments):IETFによって管理されているインターネットに関する様々な事柄を規定した仕様書群

    本技術のアドバンテージ

    • 監視用パケットの送信時間と戻り受信時間のタイムスタンプを、汎用ハードウェアを活用して実装することで、ソフトウェア処理起因による測定精度の劣化回避・低コスト化を実現します
    • SR技術の活用により、プローブパケットを自システムに戻ってくる方式をとることで、ネットワーク側との時刻同期不要・単一のシステムでネットワーク上の任意区間を測定します。
    • プローブパケットのQoSクラス指定で、クラス毎の遅延測定も可能にします。
    • 本技術の適用ネットワークの要件はSR対応のみで、装置ベンダによらず適用することができます。

    利用シーン

    • 遅延やジッタの高精度測定に基づいて、ユーザやVPN(Virtual Private Network)ごとに最適な通信パスを提供するトラヒックエンジニアリングへ活用することができます。
    • 監視結果に基づいて異常性/特異性を検知し、通信品質に影響を与えるマイクロバーストの発生やサイレント故障の発見・予知に活用することができます。
    • ネットワークの品質のレポーティング、SLA(Service Level Agreement)要件達成可否の監視に活用することができます。

    解説図表

    担当部署

    NTTネットワークイノベーションセンタ トランスポートシステムプロジェクト

    関連するコンテンツ