実世界と仮想世界が融合した世界の実現

ICT技術のめざましい進化により、今後現実世界における人の行動や環境がサイバー空間上で再現され、より精緻なシミュレーションによる未来予測が可能になると考えられます。また、このような実世界と仮想世界が完全に融合した世界では、誰もがリテラシーの有無や置かれた状況によらず、ICTサービスの恩恵を受けられる世界を実現する必要があります。
我々はこのような世界の実現に向けて、現実空間のより高度なセンシングや情報収集によって人やモノ、環境をリアルタイムにデジタル化・モデル化し、それを人にフィードバックする技術、人にとって無理のないかたちで情報提供を実現する技術や、人が感知できない情報を活用し周囲の環境から人の活動を妨げることなく自然に支援する技術などの研究開発に取り組んでいます。

空間の壁を超える価値創造

NTTグループの取り組んでいる様々な先進技術の一例として「超高臨場感通信技術Kirari!」があげられます。Kirari!は離れた場所の人や空間を、距離を超えてリアルタイムに伝送することができます。各種デバイスから抽出された情報を、高度なメディア制御・処理、同期技術を駆使することで、例えばスポーツ観戦を現地に足を運ぶことなく体験することや、公演会場に遠隔地から演者が参画するような演出も実現可能になります。近い将来に到来するスマートな世界(Society 5.0)において、Kirari!はサイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させ、空間の壁を超えることを可能にします。NTTグループはこれからも世界を変える、新しい価値創造のために、先進技術の研究開発を推進していきます。

メディア&UI

関連するリサーチ&アクティビティ

    関連する動画

    関連するニュース

    その他の特集NTT R&Dの「今」を様々な角度から特集にまとめてお届けします。