感性情報処理

技術カテゴリ紹介

人の知覚から情動に至る特性を理解し、その特性に応じて人と人のコミュニケーションへの介入をすることで、集団としての共生の質を向上させる技術を研究開発しています。

具体的には、以下の二つの技術に取り組んでいます。


研究紹介

  1. 情動的知覚制御技術
  2. 協働作業支援技術

関連技術

  1. オフィスコミュニケーション共感ナビ
  2. 脳科学応用

文献リスト

2023

論文

  1. Ruth Brookman, Simon Parker, Leonard Hoon, Asuka Ono, Atsushi Fukayama, Hisashi Matsukawa, and Celia B. Harris . "Technology for dementia care: what would good technology look like and do, from carers’ perspectives?", BMC Geriatr 23, 867, 2023.

国際会議

                          
  1. Masahiro Kohjima,“Latent Neural Phase Model for Synchronization Analysis”,International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN 2023), IEEE, Australia, June. 18-23,2023.
  2. Haruto Yamasaki, Masaki Matsubara, Hiroyoshi Ito, Yuta Nambu, Masahiro Kohjima, Yuki Kurauchi, Ryuji Yamamoto and Atsuyuki Morishima. "A Cluster-Aware Transfer Learning for Bayesian Optimization of Personalized Preference Models in the Crowd Setting." The Eleventh AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing (HCOMP), 2023.

国内学会

  1. 山崎 悠人,松原 正樹,伊藤 寛祥,南部 優太,幸島 匡宏,蔵内 雄貴,山本 隆二,森嶋 厚行, "エシカル・ベイズ最適化のためのクラスタを考慮したアプローチ", 第15回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2023.
  2. 萩山 直紀, 瀬古 俊一, 松川 尚司, "経皮的耳介迷走神経刺激が顔表情認知に与える影響", マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム, 2023.
  3. 萩山 直紀, 蔵内 雄貴, 伊藤 達明, 岩本 秀明, 佐藤 大貴, 瀬古 俊一, 松川 尚司, "隠消現実感を用いた就労時の不注意抑制システムの検討", MVE研究会, 2023.
  4. 小野明日香,山中綾華,瀬古俊一,松川尚司." 認知症と共に生きる人が直面するコミュニケーションの問題に関する調査", 共創学会第7回年次大会, 2023.

招待講演

  1. 萩山 直紀, "発達障がい者の就労支援の検討", The Fifth Workshop on Barrier-free Technologies and Services, 2023.

2022

国際会議

  1. Masahiro Kohjima,“Uncoupled Nonnegative MatrixFactorization with Pairwise Comparison Data”, In Proceedings of the ACM SIGIR International Conference on the Theory of Information Retrieval (ICTIR), pp. 103-107, Madrid, Spain, Jul. 11-12, 2022.

国内学会

                                
  1. 萩山 直紀, 瀬古 俊一,山本 隆二, 熊野 史朗, 西條 直樹, "眉の表情筋への感覚閾値下の電気刺激が他者表情認知へ与える影響", 日本心理学会第86回大会, 2022.
  2.                             
  3. 蔵内 雄貴,幸島 匡宏,南部 優太,山本 隆二, "主観モデリングのためのリストワイズガウス過程選好学習", 第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, 2022.
  4.                             
  5. 蔵内 雄貴,瀬古 俊一,山本 隆二, "顔映像に対するリアルタイムな任意の動作追加", 第199回HCI研究会, 2022.
  6.                             
  7. 佐野 文香, 笹川 真奈, 萩山 直紀, 蔵内 雄貴, 瀬古 俊一, 望月 理香, 山本 隆二, 山下 直美, "ネガティブな内容に対するポジティブな解釈の付与により自己反芻を軽減する日記システムの提案", 第197回HCI研究会, 2022.
  8.                             
  9. 萩山 直紀, 笹川 真奈, 佐野 文香, 瀬古 俊一,望月 理香,山本 隆二, "複数人の反応を集約し温度変化で伝えるオンライン会議支援システム", インタラクション2022, 2022.

招待講演

  1. 蔵内 雄貴, "表情認知傾向に合わせた表情身振変換", The Fourth Workshop on Barrier-free Technologies and Services, 2022.

表彰

  1. ICONIP 2022 Best Paper Award:Masahiro Kohjima, Yuta Nambu, Yuki Kurauchi, Ryuji Yamamoto,“General Algorithm for Learning from Grouped Uncoupled Data and Pairwise Comparison Data", In Proceedings of the International Conference on Neural Information Processing (ICONIP), India, Nov. 22-26, 2022.

2021

論文

  1. 南部 優太, 幸島 匡宏, 山本 隆二, “一対比較データと目的変数分布の分位数を用いた回帰モデルの学習”, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用 (TOM), Vol.15, No.3, pp. 19-28, 2021.

国内学会

  1. 萩山 直紀, 江口 佳那, 瀬古 俊一, 熊野 史朗, 西條 直樹, "表情筋への感覚閾値下の微弱な電気刺激が他者表情認知に影響する", 日本心理学会第85回大会, 2021.
  2.                             
  3. 萩山 直紀, 笹川 真奈, 佐野 文香, 瀬古 俊一, "聞き手の反応を集約し温冷覚情報でフィードバックするオンライン会議支援システム", HCGシンポジウム2021, 2021.

招待講演

  1. 蔵内 雄貴, "コミュニケーション特性に基づく情報変換", The Third Workshop on Barrier-free Technologies and Services, 2021.

表彰

  1. 優秀インタラクティブ発表賞:萩山 直紀, 笹川 真奈, 佐野 文香, 瀬古 俊一, “聞き手の反応を集約し温冷覚情報でフィードバックするオンライン会議支援システム”, HCGシンポジウム2021, 2021.
  2.                             
  3. 学術大会優秀発表賞:萩山 直紀, 江口 佳那, 瀬古 俊一, 熊野 史朗, 西條 直樹, "表情筋への感覚閾値下の微弱な電気刺激が他者表情認知に影響する", 日本心理学会第85回大会, 2021.