AR/VR、UI

技術カテゴリ紹介

VR(仮想現実)やAR(複合現実)という言葉に代表されるXR関連技術や、これにまつわるユーザーインタフェースの研究開発を推進しています。これにより「メタバース」上における体験を、バーチャル世界に閉じたものではなく、リアル世界における体験と同等もしくはそれ以上にすることで、リアルとバーチャルの融合を図り、人々の体験の拡張および人と人、人と社会の「つながり」の質を高め、多様性を受容できる豊かな社会の実現をめざしています。

研究紹介

  1. 点群メタバース構築技術

文献リスト

2024

国内会議

  1. 佐野文香, 巻口誉宗, 星彩水, 千明裕, 望月崇由, "鏡面反射の特性を持つ水平面の上と内部に空中像とその反射像を表示する空中像システムの提案", メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会, 2024.

その他

  1. 阿部直人, 千明裕, 小合健太, 望月崇由, 石井陽子, 永徳真一郎, L Andarini, 鈴木克洋, 野本済央, 深山篤, "Project Metaverse ~リアルとサイバーの融合によるWell-beingな社会の実現~", 技術ジャーナル2024年2月号, 2024.

2023

論文

  1. Ayaka Sano, Motohiro Makiguchi, Takahiro Matsumoto, Hisashi Matsukawa, Ryuji Yamamoto, "Mirror-Transcending Aerial-imaging (MiTAi): An Optical System that Freely Crosses the Boundary between Mirrored and Real Spaces", The Journal of the Society for Information Display, 2023.

国際会議

  1. Ayaka Sano, Motohiro Makiguchi, Takahiro Matsumoto, Hisashi Matsukawa, Ryuji Yamamoto, "Mirror-Transcending Aerial-imaging (MiTAi): An Optical System that Freely Crosses the Boundary between Mirrored and Real Spaces", Display Week, 2023.
  2. Motohiro Makiguchi, Ayaka Sano, Takahiro Matsumoto, Hiroshi Chigira, Takayoshi Mochiduki, "Implementation of Interactive Mirror-Transcending Aerial Imaging System", SUI, 2023.
  3. Ayami Hoshi, Motohiro Makiguchi, Ayaka Sano, Hiroshi Chigira, Takayoshi Mochiduki, "Proposal for an aerial image display with an expanded viewing area that can be viewed by multiple people", SUI, 2023.
  4. Motohiro Makiguchi, Ayami Hoshi, Ayaka Sano, Hiroshi Chigira, Takayoshi Mochiduki, "Vertical Aerial Imaging on the Display", SUI, 2023.
  5. Takahiro Kusabuka, Hiroshi Chigira, Takayoshi Mochizuki, "LayerShift: Reconfigurable layer expression using transparent robotic displays", UIST, 2023.

国内会議

  1. 松元崇裕, 駒﨑掲, 槙優一, 千明裕, 望月崇由, "TENGUN Ogijima:計測データに基づく 視覚・聴覚・触覚を通じた高臨場VRに関する研究", インタラクション, 2023.
  2. 辻真彦, 深沢彩花, 千明裕, "接近インタラクションによるオフィス/在宅拠点間のコミュニケーション促進手法の提案", インタラクション, 2023.
  3. 巻口誉宗,佐野文香, 松元崇裕,山本隆二, "鏡像空間と実空間の境界を自在に超える超鏡空中像表示システムの実装", インタラクション, 2023
  4. 巻口誉宗,佐野文香, 松元崇裕,望月理香,山本隆二, "超鏡空中像におけるポインティング手法に関する基礎検討", MVE研究会,2023
  5. 小合健太, "鏡を用いた実隣接感のあるXR相席対話システムの提案", MVE研究会, 2023.
  6. 松元崇裕, "TENGUN Ogijimaプロジェクトの取組紹介とデモンストレーション", コンシューマ・デバイス&システム研究発表会, 2023.
  7. 巻口誉宗,佐野文香, 松元崇裕,千明裕,山本隆二, "鏡の世界と実世界を行き来する超鏡空中像における コンテンツ実装に関する一検討", DICOMO, 2023.
  8. 槙優一, 千明裕, 山崎哲朗, 望月崇由, "ボディソニックを活用したサイクリング体験のリアルタイム共有", ECシンポジウム, 2023.
  9. 巻口誉宗, 佐野文香, 星彩水, "実空間と鏡像空間の境界を自在に超える超鏡空中像表示技術", URCFシンポジウム, 2023.
  10. 草深宇翔, 千明裕, 望月崇由, "LayerShift:ロボット型透明ディスプレイを用いた 再構成可能なレイヤー表現", サイバースペースと仮想都市シンポジウム, 2023.
  11. ​​
  12. 佐野文香, 巻口誉宗, 星彩水, 千明裕, 望月崇由, "鏡面反射の特性を持つ水平面の上と内部に空中像とその反射像を表示する空中像システムの提案", メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会, 2023.

その他

  1. 望月崇由, "臨場感の高いリアルな3D仮想空間と、 デジタルのもう1人の自分“Another Me®”", 月刊ビジネスコミュニケーション 2023年10月号, 2023.
  2. 望月崇由, "3D点群で再現したフォトリアルなメタバースによる関係人口の創出・拡大 −TENGUN Ogijima プロジェクト−", 情報処理学会 学会誌64巻11号, 2023.

表彰

  1. インタラクション2023 インタラクティブ発表賞:巻口誉宗,佐野文香,松元崇裕,山本隆二, "鏡像空間と実空間の境界を自在に超える超鏡空中像表示システムの実装", 2023.
  2. インタラクション2023 インタラクティブ発表賞:松元崇裕,駒﨑掲,槙優一,千明裕,望月崇由, "TENGUN Ogijima:計測データに基づく視覚・聴覚・触覚を通じた高臨場VRに関する研究", 2023.
  3. MVE研究会 MVE賞:巻口誉宗, 佐野文香, 松元崇裕, 望月理香, 山本隆二, "超鏡空中像におけるポインティング手法に関する基礎検討", 2023.
  4. Distinguished Paper Award: Ayaka Sano, Motohiro Makiguchi, Takahiro Matsumoto, Hisashi Matsukawa, Ryuji Yamamoto, "Mirror-Transcending Aerial-imaging (MiTAi): An Optical System that Freely Crosses the Boundary between Mirrored and Real Spaces", The Journal of the Society for Information Display, 2023.
  5. 第37回コンシューマ・デバイス&システム研究会 優秀発表賞:松元崇裕, "TENGUN Ogijimaプロジェクトの取組紹介とデモンストレーション", 2023.
  6. DICOMO2023 優秀論文賞:巻口誉宗,佐野文香, 松元崇裕,千明裕,山本隆二, "鏡の世界と実世界を行き来する超鏡空中像における コンテンツ実装に関する一検討", 2023.
  7. SUI2023 Best Paper Award: Motohiro Makiguchi, Ayaka Sano, Takahiro Matsumoto, Hiroshi Chigira, Takayoshi Mochiduki, "Implementation of Interactive Mirror-Transcending Aerial Imaging System", 2023.
  8. MVE研究会 ヒューマンコミュニケーション賞:巻口誉宗, 佐野文香, 松元崇裕, 望月理香, 山本隆二, "超鏡空中像におけるポインティング手法に関する基礎検討", 2023.

2022

国内会議

  1. 松元崇裕, 駒﨑掲, 槙優一, 千明裕, 望月崇由, "TENGUN Ogijima:計測データに基づく 視覚・聴覚・触覚を通じた高臨場VRに関する研究", Interaction2023, 2022.
  2. 小合健太, "鏡を用いた実隣接感のあるXR相席対話システムの提案", MVE研究会, 2022.