NTTアクセスサービスシステム研究所
ホーム  >  ANSL R&D Times  >  バックナンバー  >  第111号(2019_12)  >  2  >  想定する活用例
ANSL R&D Times

想定する活用例

PFサーバにアクセスして、トラブルが発生した時刻の無線LAN品質を再現、トラブルの原因を調査

 

(1) 収集端末、集約端末をお客様環境に設置し、無線環境情報の収集開始

(2) 一定期間経過後、お客様に無線LANが不調だった日時をヒアリング、当該日時を入力し、その時の無線品質を見える化

(3) 進むボタンや戻るボタンを押して、前後の時刻における無線LAN品質を確認することにより、トラブルの原因を調査

 

 

図4:活用例

前
技術のポイント
カテゴリートップ
TOP