更新日:2020/07/01

    ヒトDTCの挑戦と今後の展望NTT デジタルツインコンピューティング研究センタ

    NTT技術ジャーナル2020年7月号:特集「IOWN構想特集-デジタルツインコンピューティング-」より

    戸嶋 巌樹(としま いわき)/ 小橋 川哲(こばしかわ さとし)/ 能登 肇(のと はじめ)/ 倉橋 孝雄(くらはし たかお)/ 廣田 啓一(ひろた けいいち)/ 小澤 史朗(おざわ しろう)

    はじめに

    DTCにおけるヒトのデジタルツインは、ヒトの活動範囲を実世界からサイバー空間まで拡大することを可能にします。自分とサイバー空間上のあらゆるデジタルツインとのインタラクションは自らのデジタルツインを通じて行われます。さらに、その結果を実世界の自分にフィードバックさせることで、サイバー空間での活動から得られる経験を実世界と同様に得ることが可能となります(図1)。この時、身体的・生理学的な特徴といったヒトの外面に関するデジタル表現だけでなく、内面までのデジタル表現をめざします。ヒトの個性・特徴を再現するモデル(例えば、行動傾向、性格、価値観をモデル化した人格・思考モデルや、知覚、知識、言語能力、身体能力などをモデル化した能力モデルなど)はデジタルツインの振る舞いを規定し、サイバー空間における他者からの働きかけに対してあたかも本人のように反応することに加え、仮想社会において自律的に駆動させることで、本人のように他者に対して働きかけを行うこともできるようにします(図2)。このようにヒトのデジタルツインを発展させ、利用可能とするシステム全体について、ヒトDTC(ヒトデジタルツインコンピューティング)と定義しています。
    本稿では、最初にヒトDTCのもたらす価値を整理し、その価値に対応する具体的なユースケースについて説明します。次にDTCを実現するうえで避けて通れない社会に受け入れられるために必要な検討について整理し、最後にプロジェクトの長期的展望について述べます。

    図1 ヒトのデジタルツインを介したサイバー空間でのインタラクション
    図1 ヒトのデジタルツインを介したサイバー空間でのインタラクション
    図2 DTCにおけるヒトのデジタルツイン
    図2 DTCにおけるヒトのデジタルツイン

    ヒトDTCの価値

    ヒトのデジタルツインは状態や行動を表すデータだけでなく、判断や行動の傾向といったヒトの個性や感情を表現するモデルも有することで、仮想社会における他者とのインタラクションや自律的な活動を、あたかも自分自身のように行うことを可能にします。このことは、本質的に3種類の価値をもたらすと考えています。1番目は、物理的制約を超えて、さまざまなタスクを代替可能とすることです。…

    関連するコンテンツ