更新日:2020/06/30

    ICTを利用したスポーツトレーニング
    NTTコミュニケーション科学基礎研究所

    概要

    アスリートの「技」と「心」を鍛える方法は?そのヒントは「潜在脳機能」にあります。知覚・認知・運動制御といった脳情報処理の理解に基づき、ICTを駆使して脳が持つ無意識な情報処理にアクセスし、適切な調整を施すことでパフォーマンスを高めることを目指しています。

    背景・従来課題

    スポーツでは意識的に考えていては間に合わない瞬間的な判断・反応が勝敗を分けるシーンが数多くあります。トップアスリートのパフォーマンスは無意識的な判断・反応を司る「潜在脳機能」に支えられていると言っても過言ではありませんが、この潜在脳機能に働きかけて能力をあげる方法、さらにはアスリートの「技」と「心」を伸ばす方法は確立されていません。

    本技術のアドバンテージ

    • 脳科学とICTを統合した「スポーツ脳科学」研究
    • アスリートの無意識な身体動作・反応の可視化・可聴化
    • 「潜在脳機能」に働きかける直感的なフィードバック

    利用シーン

    • 実戦でのパフォーマンス向上と直結した選手トレーニング
    • 脳機能に即したコンディショニング
    • 可視化・可聴化技術のスポーツ以外の領域(エンタメやリハビリなど)への応用

    解説図表

    担当部署

    NTTコミュニケーション科学基礎研究所 柏野多様脳特別研究室

    関連するコンテンツ