NTTフェロー/上席特別研究員/特別研究員

NTTフェロー 柏野 牧夫
  • NTTフェロー

    柏野 牧夫

  • コミュニケーション科学基礎研究所
    柏野多様脳特別研究室長

    人間情報科学・認知神経科学

    スポーツ脳科学プロジェクトPM

    著書

    単著

    • 『空耳の科学―だまされる耳、聞き分ける脳』 (ヤマハミュージックメディア, 2012)
    • 『音のイリュージョン~知覚を生み出す脳の戦略~ (岩波科学ライブラリー168)』 (岩波書店, 2010)

    共著

    • 『2030年の情報通信技術 生活者の未来像』 (NTT出版, 2015)
    • 『イラストレクチャー認知神経科学』 (オーム社, 2010)
    • 『脳の計算機構―ボトムアップ・トップダウンのダイナミクス―』 (朝倉書店, 2005)
    • 『脳科学大事典』 (朝倉書店, 2000)
    • 『脳から心へ』 (岩波書店, 1995)

    表彰

    • 2016 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 「多様な環境での柔軟な知覚を支える人間の聴覚機構の研究」

    学会役員等

    • 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(CREST)「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」領域「潜在アンビエント・サーフェス情報の解読と活用による知的情報処理システムの構築」機関代表者 (2014.10-2020.3)
    • 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)「聴覚的顕著性の操作に基づく、音響情報の選択的強調技術の創出」研究分担者 (2012.10-2015.3)
    • 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(CREST)「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」領域「潜在的インターパーソナル情報の解読と制御に基づくコミュニケーション環境の構築」研究代表者 (2010.10-2015.3)
    • 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(ERATO) 下條潜在脳機能プロジェクト 潜在聴覚処理研究グループ グループリーダ (2005.2-2010.3)
    • 科学技術振興機構(JST) 未来社会創造事業 持続可能社会領域「知の拡張」研究開発運営会議委員(2017-現在)
    • 日本学術振興会審査・評価第一部会 (特別推進研究及び学術創成研究費) 専門委員・幹事(2012-2015)
    • 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO) 岡ノ谷情動情報プロジェクト 評価委員 (2012-2013), 事後評価委員長 (2015)
    • 総務省「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」 構成員 (2009-2010)
    • 文部科学省科学技術政策研究所「イノベーション創出シナリオのための調査研究」専門家パネル委員(2006)
    • 日本音響学会 理事(2017.5-2019.5)
    • 日本心理学会 評議員 (2011-現在)
    • 日本基礎心理学会 編集委員 (2008-2017)
    • 日本音響学会 編集委員 (1999-2005)
    • Neuroscience Research Associate Editor (2019-現在)
    • 日本オリンピック委員会(JOC)強化スタッフ(ソフトボール) (2019-現在)

    客員教授等

    • 東京工業大学大学院総合理工学研究科物理情報システム専攻 連携教授 (2006.4-2016.3)
    • 東京工業大学工学院情報通信系 特任教授 (2016.4-2018.3)
    • 非常勤講師:東京大学工学部精密工学系 (2016), 東京大学工学部電子・情報系 (2016), 京都大学大学院情報学研究科 (2005), 名古屋大学大学院情報科学研究科社会システム情報学専攻 (2004, 2005), 日本女子大学大学院人間社会研究科 (2000), 慶応義塾大学文学部心理学科 (1999, 2001, 2003, 2005), 東京大学文学部心理学科 (2000), 専修大学文学部心理学科 (1997, 1999), 東京大学教養学部人間行動学科 (1996)
    • Université Paris-Descartes 招聘教授 (2008)
    • University of Wisconsin Richard Warren研究室 客員研究員 (1992-1993)
    • 東京工業大学工学院情報通信系 特定教授 (2018.4-現在)
    • 東京大学大学院教育学研究科 客員教授 (2020.4-現在)

    関連するコンテンツ