ライセンス方針および手続き

日本電信電話株式会社(以下「NTT」といいます)は、以下の方針によって、NTT が保有する知的財産のライセンスを行います。

1.基本方針

  1. NTT は、基盤的研究開発の推進とその成果の普及を促進することによって、電気通信市場の活性化および、他分野とICTの融合による価値創造に寄与していきます。
  2. NTTは、電気通信ネットワークの接続に不可欠な研究開発成果をはじめとして、原則としていつでも適正な対価を前提としたライセンスを行います。

※例外事項

  • プライバシーやセキュリティの保護に関連する研究開発成果はライセンスができない場合があります。
  • 研究開発の段階によってはすぐにライセンスに応じることが難しい場合があります。

2.ライセンスの種類

対象 ライセンス内容
技術文書 NTTの開発した技術を、製品の製造・販売・使用等に用いることができます。
ソフトウェア オブジェクトコード NTTが開発したソフトウェアを、製品の製造・販売・使用等に用いることができます。
オブジェクトコード+ソースコード NTTが開発したソフトウェアを、製品の製造・販売・使用等に用いることの許諾に加え、ソースコードを見て、改変することができます。
特許権 NTTが保有する国内外の特許権を、製品の製造・販売・使用等に用いることができます。

※ソフトウェアの場合
試用期間を設定し、一時金のお支払い・ランニングロイヤルティの設定前にオブジェクトコードをご提供し、社内でご検討いただくことが可能なものもあります。

3.ライセンスの条件

  1. ライセンス料の支払い、売り上げなどに係る定期報告などを個々の案件ごとに契約で定めます。
  2. 上記に加え、当該知的財産権が有効に活用されると判断された場合、独占的権利の付与や譲渡を行う場合もあります。

4.手続き

手続きイメージ

①ご希望の技術について、お問い合わせください。

②弊社担当者との打ち合せによって対象技術を特定します。

③ライセンス申込書を送付ください。

④⑤契約条件をご相談のうえ、合意にいたりましたら契約を締結します。

⑥弊社から技術(技術文書/ソフトウェア)を提供いたします。

手続期間は「③ライセンス申込書送付」から、おおむね2~3カ月です。
(ライセンス希望時期についてはご相談ください)

まずは、お問い合わせフォームからご相談ください。